加齢臭で悩んでいた俺

1. 加齢臭で悩んだ経験がある方
43歳男性会社員既婚の私は、40歳になってから体臭を気にする機会が多くなり、妻からも『最近体臭がきついよ!』と指摘されていました。
自分がいた部屋を出て、しばらくしてその部屋に戻ると加齢臭がしたので、自分が発している加齢臭だと気付き歳を感じました。
その後、お風呂で念入りに洗うようにしたものの加齢臭に変化はなく、汗を掻くと余計体臭が気になる状態でした。

最初に試した加齢臭対策方法

加齢臭があると周りの目が気になるので、早速加齢臭対策を始めました。

衣類のケア

ワイシャツやマフラーの匂いを嗅ぐと加齢臭がしたので、衣類のケアに力を入れようと思い香りの強い柔軟剤を使用しました。
使用後、強い柔軟剤の香りが加齢臭を消すので、一応の効果を実感しましたが、会社の事務さんから『柔軟剤の香りが強いですね!』と言われてしまい、強い香りの柔軟剤の使用を止めました。
そもそも、衣類の香りが良くても加齢臭自体は発生していたので、衣類のケアだけでは不十分だったと思います。

夜に入浴して朝は洗髪

身体だけではなく髪や首周りからも加齢臭がしたので、夜に入浴して朝は朝シャンをしましたが、お昼を過ぎると加齢臭が気になり始め、夕方になるとさらに加齢臭は強くなっていました。
そのため、起床後シャワーを浴びて出勤するようにしたところ、以前より加齢臭が気にならなくなったので、夜と朝入浴する方法は効果的です。
ただ、あくまでも加齢臭を感じるまでの時間が伸びるだけのため、効果的な加齢臭対策とは言えません。

次に試した加齢臭対策方法

普通の入浴だけだと十分な効果を実感できなかったので、ボディーソープやシャンプーに着目した対策を実践しました。

ボディソープを加齢臭対策のボディソープに変更

加齢臭対策のボディソープは、通常のボディソープより皮脂をしっかり落としてくれるので、身体のベタつきがなくなり加齢臭も落ちます。
そのため、加齢臭は大分改善されたと思います。

ちなみに、加齢臭対策についてはこちらのサイトを参考にしました。

⇒ 加齢臭ボディソープ

クリームシャンプーに変更

クリームシャンプーは、一般的なシャンプーと違い泡が立たないので、しっかり洗えていない感覚になりがちですが、皮脂や汚れを乳化して落とすため優しく高い洗浄効果が期待できます。
さらに、クリームシャンプーはアロマを配合したタイプが多いので、優しい香りが長く続き加齢臭を気にする機会が減少します。

ボディーソープとシャンプーを変更したら、加齢臭が大幅に改善されたので、これらに着目する対策は加齢臭に悩む方におすすめです。
一方、内面からくる加齢臭のケアも大切だと思い、その後新たな対策を追加しました。

内面ケアを考えた加齢臭対策方法

加齢臭は内側のケアも大切になるので、表面的なケアにプラスして香りサプリを使っています。
エチケットサプリは色々な種類が販売されていますが、私が効果を実感しているのはダマスクローズオイルを使用した香りサプリです。

香りサプリは凄い!

私が今使っているバラ系の香りサプリは、毎日2粒摂取するだけで身体の中から良い香りがするので、加齢臭を気にすることがなくなり、妻や子供から『パパの体臭や口臭は良い匂いがする!』と言われています。
因みに、バラ系の香りサプリは色々な種類があるので、香り成分を沢山配合したタイプが良いと思います。

トータル的な対策が必要!

加齢臭対策は、『内側ケアと外側ケア』『清潔に保つ』『臭いを悪化させるものを使わない』など、トータル的な対策が必要です。

臭いを悪化させるもの

整髪剤は商品によって体臭を際立たせるケースがあり、『オヤジ臭い』と言われる原因の一つです。
ポマード系やワックス系は、加齢臭を悪化させる可能性があるので、商品選びは香りに着目した選択が理想的です。

私が使っている整髪剤

私が使っている整髪剤は、美容室でも使用されている有名なヘアワックスで、香りやキープ力が良いので愛用しています。
また、女性愛用者が多いこともあり香りが加齢臭を悪化させないので、加齢臭対策の一つになっています。

清潔に保つことは加齢臭対策の基本

私は色々な加齢臭対策に取り組んでいますが、『清潔に保つ』という点は基本だと思っていて、これを見過ごすと何を対策しても上手くいかないと思います。
毎日の入浴や汗を掻く時期はこまめに着替えるなど、ちょっとした対策が加齢臭ケアの効果を高めます。

まとめ

トータル的なケアを実践した結果、加齢臭を気にすることがほとんどなく、家族からも加齢臭を指摘されることはなくなりました。
一つの対策だけだと不十分なケースが多く、『歳だから仕方がない』と諦める時期もありましたが、次の一手を加え続けたら加齢臭改善に繋がり良かったと思っています。
ただ、加齢臭対策は一時的や単発的ではなく、継続が大切なポイントになるので、諦めず継続的な対策をおすすめします。
因みに、私は今も今回紹介した加齢臭対策を実践していて、今後も継続するつもりです。